• Giro

見ると観るの違い

友人の子どもが、昆虫が好きで図鑑を買ってもらって毎日読んでいるらしい。


公園に行くと、大人が「虫」や

せいぜい「とんぼ」「蝶々」としか言わないところで

正確な品種名まで言い当てられるようになったようだ。



 ただ漠然と見ているうちには、「花」や「虫」や「雲」や「車」であっても

ある程度の知識を備えたり、観察しようという意識を持ったりすると

細部まで、違った見え方をするものである。



そういう意味では、カメラを持っている時は

持っていない時よりも、何か意味を持って風景を観ているような気がする。


この構図がおもしろい、この色の配置がおもしろい、という感じで

そこまで細かく考えているわけではないが、なんとなく撮りたくなる風景があり

鳥や花も、この季節だから撮れる、という意識が生まれることもある。


なんとなく過ぎていく日常を、少し違った角度で観るのにも

カメラという物は、良いきっかけとなるかもしれない。


庭に彼岸花が咲いていた。

D850 + 105mm f1.4 ISO64 f2 1/2000s

© Giro