• Giro

1年間D5を使い30万枚撮って分かった事

最近のブログにありがちなタイトルである。

が、書いているうちにD5の話以外が長くなったのでタイトルに偽りありとなった。





さて、そんなわけでD5を購入してから1年が過ぎた。

より正確には1年と1か月が過ぎた。



D5を選ぶに至る変遷は、以前にも何度かSNS等で書いたことがあるが

言ってもD5、言ってもニコンのフラッグシップである。


私が買った時も、そして今でも、小売り価格で60万円は超える代物。

体調の関係で短時間労働のサラリーマンにおいそれと出せる額ではない。


それでも私はD5を選んだ。



D90辺りからデジタル一眼レフを所有し始め

D7000を経てD600でフルサイズデビュー。

ああ、やっぱりフルサイズはいいなー(漠然)と思っていた私だったが

D600は件のオイルダスト問題があり

近場にCSの無い私は、定期的にセンサークリーニングに行くのがめんどくさかった。


折しも、スポーツ撮影を本格化させていた頃で、日に日にシャッター数は増える。

シャッター数が増えれば寿命も減るし、センサーはさらに汚れやすくなる。


ある時、センターでお悩み相談してみたところ

D600のダスト問題を改善するためだけに出た後継のD610に新品交換してくれるとのこと。


ああ、ニコンさん、さすがです…と感涙し交換してもらったころに

ニコンのAPS-CフォーマットのフラッグシップであるD500の話が…



ニコンのデジ一の歴史を紐解く中で、忘れてはいけないのが

D700とD300(s)だと思う。


D一桁、いわゆるフラッグシップというちょっと別格の存在を掲げながら

その性能をより身近に感じられる、小型版フラッグシップともいえる両機。


中でも、D3が出た時に同時に出たD300は、D3をそのままAPS-Cにしましたよ

というようなまさにAPS-C版のフラッグシップで非常に人気が高かった。


が、ニコンはなぜかその後APS-Cのフラッグシップは出さず

気が付けばD3000/5000/7000番台というよく分からないラインナップになっていた。



そんなニコンが満を持して、圧倒的な性能で送り出したのがD500。


特にその先鋭的な作り込みは、スポーツ撮りたきゃこれを使え!と言われているようで

APS-Cながらお値段25万円くらいだったと思うが

D610の新品が手元にあった私は、これを下取りに出せば買えるんじゃね?

とついフラフラと揺らいでしまったのだ。


そんなわけでD500が気になって仕方なかった私は

こまめにカメラ屋さんのHPなどをチェックするようになり

金利手数料無料の36回払い、という言葉を見て、予約をしてしまったのだった。



分割で買えたことで、D610はしばらく手元に置いておいて

2台体制での撮影が続いた。


D500が届いてスポーツではD500、それ以外でD610という風になったのだ。

しばらくの間はD500すげええ!!AF早い、追従性凄い、連写は鬼!

という感じで、スポーツでの活躍頻度はすごかったのだが


撮った写真を帰ってきてチェックすると、うーん…


室内スポーツでISO2000以上が当たり前、場合によっては3200~6400も

という環境だと、さすがにノイズが気になる…

ノイズを消すように処理していくと、なんだかのっぺりしてしまう。


お値段にして半額のD610の方が、上がってくる画だけ見ると良いような…

これがセンサーサイズの物理的限界なのか…?


とは思いつつも、連写性が良いもんで、気が付けば10万ショットほど使っていた。

APS-Cはフルサイズ比1.5倍の換算画角というのもあって、スポーツだと助かるんだよ~

でも、画質は微妙に気になる…



そこでふと考えた。

D500は今シャッター耐久20万枚を折り返した。

もし仮にシャッターがいかれたとして、お金をかけてD500を直すだろうか

あるいは、またD500に買い換えるという決断をするだろうか…


それならいっそ、別のカメラに換えるべきでは…?

幸いボーナス払いがあったこともあり、分割の残りは払えない額ではない。


とはいえ、D500を活用するために、XQDカードを数枚既に買ってしまっている。

XQDカードを有効活用し、D500より画質がよく(曖昧)なり

しかも気に入ってるAFや連写性が見劣りしないもの…




あれ、これってD5しかなくね?


というわけで悩みに悩んだ末、D500を下取りに出し、D5を買ったのだった。


いやね、それまでカメラは10万円前後が精一杯だったわけですよ。

そしてD500で初めて20万円越えという大きな買い物をして

分割とはいえめちゃくちゃ悩んだわけですよ。


それが今度は60万越えですからね…

D500下取り、ちょくちょく副業で貯めてたお金を頭金に…

としてみてもまだ半分くらいは残りました。今度はそれを分割です。

貧血起こしそうな勢いですよ、リアルに。

あ、D500の残金は一括で支払いました。




D5が届いた時のことははっきり覚えています。

とにかく箱からしてデカい、重い、使うために充電しようとしたら

バッテリーがでかい、充電器もでかい。


ああ、これはニコンのフラッグシップなんだ、これ以上の機種はないんだ、と

これでもかと実感させられるわけです。


D600使ってる時に、いうてもフルサイズ入門機なんで~

D750だったらもっと高感度ノイズ少なくて綺麗だったかも~

なんて言ってたのが通用しなくなるわけです。

(画素数的には2,000万画素ですけどね)


重く、でかく、まさに鉄塊だった、とベルセルク並みに言いたくなる

このD5は、機材への言い訳を許してくれません。


レンズ?

ああ、それまでスポーツだとタムロンの70-200mm f2.8を使ってましたよ。


でもD500の時から、どうもこのレンズが怪しい

ピントが甘くなりがちだし、解像も物足りない

そんな時に出たわけですよ、純正の70-200mm f2.8E FLが。

D5とこれの組み合わせって、なんかよくないですか?


D610、まだいますよ、下取りだせますよね。

はい、ドーン!!D610は巣立っていきました…


ということでこのレンズまで手に入れ、

しばらくスポーツ撮影はこの装備で…マジで機材で言い訳できない…



が、大事なことを忘れていました。

画角です。


D500でスポーツを撮ると、70-200は換算105~300mm

フルサイズでいうと70-300を使ってる感覚で70-200の1本で全てが済むわけです。


が、フルサイズで70-200だと、この200が微妙に足りない…

状況によっては300でもきつい。


D5がただでさえ嵩張るし70-200mm f2.8EはFLとはいえ

やはり大きくて重い…それなら、カメラバッグの隙間にねじ込める300mm…

はい、300mm f4 PFをドーン!テレコン1.4もおまけに。



これで私のスポーツ撮影の装備は整いました。


D5に70-200、少し離れた席なら300、これで大抵の条件が気になりません。


ISOは、D500で1つの壁と感じていた1600~2000程度なら

ノイズがほとんど分からないレベル

3200~6400でも十分実用レベルで、さすがD5です。


連写、AF共に比類なきレベル、そして意外とスポーツ以外で使ってみても

諧調性だったり質感描写だったりがすごく良いんですよね。

これはカタログの数値だけだと分かりづらい部分だと思います。


そんなわけでスポーツをメインに、撮って撮って撮りまくる日々。

気が付けばこの1年で30万ショットという枚数を撮ってました。



それだけ撮って気が付いたことがあります。


それは、カメラとは道具である、ということ。


綺麗な写真、カッコいい写真、独創的でお洒落な写真

それらを生み出すことができるのもカメラというものですにが、

それはどちらかといえば、撮影者のセンスやアイデアが大事です。


でも撮影者は人間であり、体調や気分の変化があって

いつでも撮影に集中できるものではない、と考えた時

カメラはそうであってはいけない、と気づきました。


撮影者が今日はやる気だぞ!と1日1万枚以上も撮ろうとしても

ちょっと無茶なことをやってみても

カメラ側が「今日はちょっとやめとく~」なんてことはあってはならない。


我がままでいい加減で理不尽な、人間という生き物が使う道具

それは、いついかなる時でも、その要求に応えなければならない。

それが道具の信頼度というものです。



D5を使っていると不安を感じません。

あ、今日はフル充電してきてない、という時に、バッテリー切れを気にして

ペース配分を考えながらの撮影、なんてことをしたことがありません。


遠征時に充電器が邪魔だから置いていこう、となっても

1万枚撮ってもまだまバッテリーに余裕があり、心配することなく撮れました。


握っただけで、これ落っことしてもまず壊れないだろうな…と思う

抜群の堅牢性を感じるカメラは初めてでした。


暗すぎて写真撮る気にならないような環境でも、こいつなら、と思えます。



カメラに何を求めるかは人それぞれですが

私のような1年で何十万枚という使い方をするものにとって

今日も間違いなく最後まで動いてくれる、という信頼感は

ある意味ではどんな性能よりも魅力的です。



結局その後、ポートレートや風景

画角を稼ぐためのクロップ・トリミング用途も考えD850を買ったり

300mm f4よりも更なる画質を求めて300mm f2.8を買ったりしましたが

迷った時にはD5と70-200があれば最低限必ず撮影はできる

という安心感に揺らぎはありません。



1年間D5を使って分かったのは

少なくとも私にとって、カメラを使う上で最も大事なのは

連写性能や画素数といったカタログの数値ではなく

道具としての信頼度である、ということ。



私がへなちょこであっても、センスが皆無であっても

D5はいつでもシャッターを切ることのできる、信頼できる道具なのです。




© Giro