• Giro

D6のフリーズ現象について

ニコンD6


言わずと知れた、ニコン一眼レフのフラッグシップ機である




フラッグシップ機といえば、みなさんはどんなイメージを持つだろうか


大きい、重い、ゴツい、そしてお高いといった印象も強いだろう



例えばニコンには他にも様々な機種がある。


コマーシャルフォトやポートレートのプロも使う高画素機のD850は

今なら30万円を切る価格で買えるし、それのミラーレス版 出たばかりのZ7Ⅱでも35万円くらい、なのにD6は多分70万円弱くらい


単純に言って、倍くらいの値段がするわけだ



ではなぜ倍の価格もするカメラを選ぶのか

きっとそのお値段に相応しい画質なんじゃないか、と思った方もいるかもしれない


そんなことはない




D850が4500万画素の高画素で

良いレンズとしっかりとした操作であれば非常に素晴らしい画を出すのに比べ

(一応、高画素=高画質、ではないというのは前提としておくが)

フラッグシップ機であるD6は約2,000万画素


入門機が2,400万画素なことをおもえば、それよりも見劣りする(数値上は)


ひと世代前のD5と基本的にセンサーは変わっていないことも含め

70万円近いお金を出す価値があるか、と言われれば持ってる私でも疑問である




それでも私は買ったし使っている


なぜか



AFの速度や精度、追従性、画素数を抑えたことでの連写速度

高感度でのノイズ耐性やDRの確保や諧調性、などなど

操作性、スペック等の面でも特徴がある、というのはもちろんだが

一番は「信頼度」これに尽きる


D5を使っている時、約3年間で100万ショット以上撮った

当然シャッター耐久を超え、完全に壊れたことも

動作が怪しくなって部品交換してもらったこともあるが

その信頼度はピカイチだった


この使い方なら、他の機種はもっと頻繁に不具合が出ていただろう

と想像できるような、酷使具合だったのに十分に応えてくれた




だからこそ、D6が出る時に、思ったより進化の度合いが少ない

地味な新型、と言われても買い替えた

また3年間、酷使しても応えてくれるだろう、と信じて






・・・・・・・が!!


D6を使い始めて半年、この間に2回フリーズ現象に見舞われた

詳しく書いていきたい




1度目は昨年12月、スポーツ撮影での使用中に

突然連写速度が大幅に落ち(いわゆるバッファーフルのような状態)

その後、カード書き込みランプが点灯したままの状態になりシャッターが切れなくなった

そして完全にフリーズ、電源スイッチをオフにしても電源が落ちず

かといってシャッターも切れない状態で完全停止


バッテリーを引き抜いて強引に落として入れ直すと復帰

しかしその後撮影を再開すると10分ほどで同じ現象に見舞われた



バッファーフルが起きるような設定・使用ではなかったので

カードとの相性問題を疑い、カードを変えてその日は続行、その後は起きなかった


(この件に関してはカードとの相性問題の可能性が高いので後にそのことも書く)




その後はしばらく同じような使用でも起きなかったが 2月に2回目が発生、ほぼ同じ状況に陥りったが、1度目にフリーズが起きたカードは

それ以来ほぼ使っておらず、その時も違うカードだった



前述の通り、フラッグシップを使うのは信頼しているからである

連写速度の恩恵はもちろんスポーツではあるし、AF精度も素晴らしいものだと思う


しかし何よりもまずは撮り直しの効かない現場で

その日、一度しかないかもしれないシャッターチャンスを逃さない

その為に信頼できる機材で挑みたい、という気持ちで使っているわけで

大事な場面でフリーズしました、では話にならない




そこでニコンのセンターとカード会社に問い合わせてみることにした



・SanDisk


1回目のエラーが起きた時のカードはSanDiskのCFexpress typeB

SanDiskさんに、こういう現象が一度起きたんですが カードとD6の相性問題とかって報告来てます?と問い合わせ



で、教えてもらった対応表を見てみると、なんとSanDiskさんのカードは

D6との公式対応カードではなかった!(末尾の型番が違う)


いやはやそうでしたか、これは申し訳ない。

テストで数枚撮るくらいなら何の問題なくても

1日1万ショット以上も使うなら、公式に対応が謡われてるものを選ばないとだめですよね

と反省していたら、まさかのSanDiskさんから

「対応している型のものに交換しましょうか」とのお申し出


これはtwitterにも書いたので知ってる人もいるでしょうが

永久保証を謡うSanDiskさん、とはいえ今回はこっちが勝手に対応しているか

チェックせずに購入したもので起きた不具合なのに、驚きの親切対応

しかも着払いで送ってください、無料で新品の対応品を送りますので

というこれぞ神対応といった対応に感激


SanDiskさん、これからも買わせて頂きます





さて、同時期に問い合わせたニコン




ニコンには上に書いたような詳細をまとめ

半年で2回フリーズ起きたんですが、カードとの相性問題とかですかね?と

あ、1回目のはメディア会社側の公式対応品じゃなかったみたいです

2回目のはニコンさんに提示してもらった一覧表で見たところ公式対応品です

みたいな話を送り、そこからしばしやりとり


結論

・他に同様の報告は受けていない

・実物で検証したいから実際に使用したレンズとカードと一緒に送って欲しい

みたいな感じ



いや、半年間の間に

1日1万ショット以上撮るのを何十回かやって

その中でたった2回しか発生してないし

そのうちの1回はカードが対応品じゃなかったんですよ

これ実物送っても再現されない可能性の方が高くないですか??


その間手元にカメラ無くなるのもあれですし

レンズ送るのはもっときついです

(フリーズした時にどのレンズ使っていたか確証が無い

しかも候補のレンズが大型望遠レンズばかりで送るのも大変だし

手元からなくなるのもちょっと今は…etc)




ということで一度は折り返すも

「現象の再現回数が少ないとのことですが、今後ご安心してご使用いただくためにも

弊社修理センターへ点検をご依頼いただくことをご検討ください。」

とのこと



わかったよ、そこまで言うなら送ってやろうじゃないの…

ということでD6を使う予定がひと段落したタイミングで発送


ニコンピックアップサービスで往復1,870円

(あ、SanDiskさんは着払いでいいですよと仰ってくださいましたのに…)


で1週間ほどで返ってきました。

たいてい2~3週間かかるので早いのはありがたいですね。



が、、、、



現象を再現させる事が出来ませんでした



だから言ったじゃん!!

半年で25万ショットをこえる使用の中で1~2回しか発生してないんだよ

同じくらいテストしたらシャッター耐久超えるよ!?


切れてるけど、点検を繰り返し行いましたが、とか書かれてるけど

その割にシャッター周り交換されてないけど大丈夫?

数万ショットで今度はシャッターが故障、みたいなことにならない??


とまあ、ドタバタの上になんだかしっくりこない決着となりました…




一応メイン基板交換されたので、それで落ち着くと信じたい

以前他機種でもフリーズ報告していた方が、メイン基板交換で収まったと言っていたので





ただ、今回フラッグシップ機の不定愁訴ということで

非常に信頼が揺らぐ現象があったわけですが、ニコンさんの対応は

決して悪かったわけではないですが…うーんと思わざるを得ない…


同時に送ったSanDiskさんの対応がすごすぎただけに

(伝わらないので省略してますがメールの返信の早さ、内容の明確さなど 非常に安心感がありました)

なんだかなーとちょっと思うのでした



全てのメーカー、すべての機種の中で最も信頼度の高い 「ニコンのフラッグシップ」だと思っているので…



D5、D6と使ってきましたが、D6は肩液晶の誤表示が最初にあったりで

なんだかD5使ってた時の無敵感が薄れてしまいました…


ちょっと今後のことを考えていくと、ひょっとしたら次世代では メーカー換えもあるかもです、、、、

(レンズはニッコールめちゃ好きなんですが…)

0件のコメント

最新記事

すべて表示

© Giro

© Copyright