• Giro

来世って今日さ

今年もそろそろ終わり。

撮影データの整理を延々とやってましたが、ようやく終わりが見えてきた。


ざっくり計測したところ

今年1年の撮影枚数は、40万枚を超えているのは間違いない。

D5の公称シャッター耐久が40万ショットなので

仮にD5一台で全ての撮影を行っていた場合は1年で寿命が来てもおかしくない。


一体何をやってるんだろう、と自分で思わないでもないが

これだけ詰め込んだから、少しは家から出るようになったともいえる。




さて、そういった点も踏まえて、今年1年を思い返すと

特に印象深い何名かの方との交流が思い起こされる。



何度もポートレート撮影などを一緒にしてくださった方

何気ない私のツイートから、お声掛け下さり遠征時にお食事をご一緒させて下さった方

ツイッターで優しいお言葉をかけて下さった方


なんともありがたいことである。




何より、私がとっくに「叶わない」と諦めていたことを

あっさりと叶えてくださったというケースもあり、まさに感謝しかないのだ。



実は、私が半ば冗談、半ば本気で使うフレーズに

「来世に期待」という言葉がある。


これは輪廻転生を信じるか、といった宗教観から出た言葉というより

もっと単純に

「どう考えても私の人生でこの願い叶うわけないよね」という諦観

しかし、それでもどうしても諦めきれないことだから

「来世には叶えたい…」と、ある種、未練がましいそんな言葉なのだ。



そして、常々私がそう思っていたことを

それもあっさり、にっこり微笑みながら叶えてしまったのだから

なんともすごい方がおられたものだ。


たった一撃で、良い意味で他人の人生を転生させるような言動を発するなんて

まさに自分にとってのヒーローなのである。


そこまでの事はできなくても

誰かの悩みを緩和したり、夢や目標をかなえるほんの少しのお手伝いが

私にもできるようになるだろうか。そんなことを思った。

© Giro