• Giro

レンズは進化し、そして変わらない


私がここで書いたところで意味はないだろう。


あくまで自分目線でのカメラ史、と考えると やはり幼少期に触れた父のキヤノンAE-1だろう。


いわゆるフイルムカメラ、そして一眼レフカメラである。



なお、こちらは最近使っているニコンのFM。こちらもフイルム一眼レフ。





一眼レフとは、というのを今更説明するのもなんだが 初めて見る方、最近興味を持ち始めた方などもおられるかもしれないので

とりあえずざっくり説明しよう。知ってる方は読み飛ばしてけっこう。


カメラにはレンズが付いている(付いていないのもあるが今後も例外は言及しない)

レンズを通して入ってきた光を写真という形にするのがカメラだ。

これはフイルムでもデジタルでも変わらない。


カメラとしては、フイルムやデジタルセンサーにさえ光を送り届ければ それで写真が撮れるわけだが、操作する側の人間はそれでは困る。

どんな写真が撮れるか、を見ながら、はい今これでいいでしょう、というタイミングで シャッターを切りたいのだ。


フイルムやセンサーにも、そして操作している人間(の目)にも光を届けたい。

これを、それぞれわけで、こっちはカメラ内部用、こっちは人間用、と そもそも光の入り口であるレンズ自体を2つ付ければ二眼カメラやレンジファインダーという形式のカメラになる。

ただしこれでは、人間が観た光とカメラ内部が受け取った光が違う光なので 厳密に言うとちょっとズレた写真になる。


例えば写真のちょうど中央に人の顔が来て欲しい あるいは集合写真で右端から左端まで全員がきっちり収まっていて欲しい という時に、ちょっとズレてしまった写真は、失敗と言ってしまってもいいだろう。


それでは困るということで

1つのレンズから入ってきた光を、人間にも見せ、そしてそれが

そのままズレずに写真になったら素敵な事だと思いませんか?

それが一眼レフである。


一眼レフはレンズから入ってきた光が中のレフ(反射板、つまりミラー)に反射し プリズムを通してファインダーという覗き窓に届く。 ファインダーを覗けばレンズを通ってきた光をそのまま見る事ができる。

そして写真を撮る瞬間だけ、このミラーを畳んで光の進む道を曲げず(反射させず)

レンズからまっすぐにフイルムなりセンサーなりで受け止めて写真にする。

これで、直前まで人間が見ていたのと同じ光からなる写真が出来上がるわけだ。


なお最近のミラーレス機ではこのミラーが無い、だからミラー・レスなのだ。

ミラーが無いのに人間にどうやって「こんな写真が撮れますよ」と見せるのかというと

センサーが受け取った情報を、デジタル信号にしてファインダーや背面の液晶画面に表示することで見せるのだ。

光が反射して直接届くのに比べ、デジタル信号の処理を行う分、時間差(ラグ)が発生してしまうので動きの速いものを撮影する際などには不向きだと言われてきたが、技術革新はすさまじく、最近はよほどシビアでなければほとんど気にならない水準だと言って良いだろう。

しかも、明るさや色を変えた設定はそのまま反映されるため、既存の一眼レフ機以上に

「こういう写真が撮れますよ」という情報量は増え、正確に伝わる。





さて、そんなわけで、私はフイルム一眼レフでカメラに興味を持ち今に至るわけだ。


その間、カメラは大きく進化した。変化と言ってもよい。

スマートフォンで撮影するのが当たり前の人も増えてきたので 今更ファインダーにこだわらずとも…という気すらするくらいに大きく変わった。


液晶画面に映すか、ファインダー内の小さな液晶に映すかという差はあれど

やってることはほとんど変わらないので、スマートフォンもミラーレスと言ってもいいのかもしれない。この辺りは明確な定義があるわけではないので放っておく。



で、なんの話かと言えば、カメラが進化したようにレンズもまた進化している。


カメラのレンズというのは、コンタクトレンズとか眼鏡のレンズと同じであり 全く違うものでもある。なんだか謎めいた言い回しだ。



というのも、通常コンタクトレンズや眼鏡レンズというのは

私の知る限り1枚、あるいは1組の凸レンズか凹レンズのみで構成されているだろう。

いわゆる近視用・遠視用という違いはあれど。


カメラのレンズは1つの「レンズ」の中に、何枚ものレンズが入っている。

我々がカメラの「レンズ」と呼ぶものは、実はレンズの集合体を内包した筒の事で その中のレンズの組み合わせや配置などで描写が変わる。

そういった仕組みも進化してきたし

そもそも単に、中に使われている1枚1枚のレンズそのものも進化してきた。


そもそもレンズといっても我々にとっても複数あることはご承知の通りで

分かりやすいガラスレンズ、プラスチックレンズなどがある。

これらは硝材と呼ばれるが、こうした素材によっても違いがあるため そこも新素材や新しい製法が日々研究され進化してきた。

さらにレンズの研磨法やコーティング剤によっても変わるし メーカーはそういったものを時間とお金をかけてずっと進化させ続けているわけである。


気になるのはレンズって実際どれくらい進化して、写りはどう変わったのかという点だろう



そこで古いレンズを入手したのでテストしてみた。

といっても厳密なテストではなく例によって勝手気ままに撮影した感触でしかないが。




Nikkor-Q Auto 135mm f/2.8


調べてみたら1970年代前半のレンズだった。約50年前である。


単純に設計の古さで言えば、私は他に Meyer Optik GörlitzのPrimoplan等も持っているが、こちらは古い設計のまま 最新のレンズとして復刻された変な経緯のレンズなのであまり参考にはならない。


こちらは正真正銘の古いレンズである。

なにせAi化されていない非Aiレンズである。(古いニコンはマウントが同じFマウントでも何種類かあり、非Aiレンズは相当古いものだと思ってもらえば間違いない)


どれくらい古いかと言えば、冒頭に載せたニコンFMや 私の所有するF3といった往年のフイルムカメラでも使えない。は言い過ぎか。

いや、使えるのだが、ちょっとした儀式が必要になるくらいの古さだ。


ちなみに今のニコンのデジタル一眼レフ(D〇〇みたいなやつ)も 同じニコンFマウントなので口としては合うのだが、非Aiは使えない。

無理にはめようとすると干渉する部品が出てくるのでしないように。




さて、そんな古いレンズ、最近のレンズとは設計も硝材もコーティングも違うだろう。

細かくは調べていないが4群4枚構成ということでこの筒の中に4枚のレンズが入っていると思えば間違いない。


私が愛してやまないNIKKOR 105mm f/1.4E EDと比べると

あちらは9群14枚なので3倍以上もレンズを使っていることになる。

(f1.4という大口径レンズなので収差を打ち消したり色々とシビアな設計なのだろう)


さて、実際のところ、そんな古いレンズはどんな写りになるんだろうか。



FMで撮ったのだがフイルム現像がまだできていないので、 とりあえずアダプターを噛ましてZ6Ⅱで使用。


あれ、なんか全然普通じゃない?


拡大してみる



そりゃ最新の高解像レンズと比べれば微妙に甘いし滲んだ印象だけど いやいや、こんなに映るの?と驚いた。


50年前のレンズよ、たった4枚のレンズでできてるのよ。

こんなに解像するの?センサーとエンジンの(つまりはZ6Ⅱの)味付けもあるだろうけど 発色も良いし、なんというか古臭い、言い切ってしまえば いわゆる「オールドレンズらしさ」みたいなのはほとんど感じない。


もちろんコーティングの差が出やすい逆光での撮影などをすれば結果は違うだろうが。



いやー、最短撮影距離1.5mで寄れないとはいえ135㎜だし なんか全然ありですね。拍子抜けするくらい不満の無い描写。



まずいなー、レンズってこんなに進化したんですよ、みたいな記事にしたかったのに…


とはいえ、素晴らしいレンズをニコンが50年も前から作り続けていたことを 改めて実感できたので良しとするか。




レンズは進化している。しかし、変わらず良い物もある。

そんな感じで。

0件のコメント

最新記事

すべて表示