• Giro

ミラーレスと暮らして気づいたこと


9月の頭に愛用しているメイン機であるD5が壊れた。


シャッター周りが寿命を迎えて締まったようで、ミラーが上がりかけ途中で止まり

それ以上シャッターも切れず、どうしようもない状態になってしまった。


幸い、D5は購入する時に長期保証に入っていたので、修理に出した。

ありがたいことに10万円を超える修理費用は無料となり、4週間後には手元に帰ってきた。

しかし、それは結果論である。


当時の私は、スポーツ撮影の予定を幾つか抱えていて

D5が無くなった(しかもタイミングの悪いことにサブのD850もメンテに出していた)

そんな状態では、全ての予定をキャンセルしなければならない。


しかし私はカメラバカなのでこう考えた。


「いや、こういう時こそ、スポーツでも使えるサブ機を手に入れよう」


そう、何かに理由を付けてカメラやレンズを買いたいのである。


普通に考えれば、既にレンズ資産があるニコンFマウントの中で選定すべきだ。

高感度ノイズの少なさに定評のあるD750か、スポーツ特化ということでD500か。

しかしD500は以前に所有し使っていたことがある。D750もだいたい予想が付く。

それではおもしろくない。


ということで、ここらでいっちょ、世の中の流行りに乗って

ミラーレスとやらに本格的に手を出してみようかい、ということになった。



といっても、私もミラーレスを全く使ったことが無いわけではない。

友人から借りた、といったことを省いても、数年前にはニコン1を使っていたし

ペンタックスのQ7で遊んでいた時期もある。

レンズ交換式ではないが、スナップやお散歩用のフジのX100Fも愛用していた。


しかしスポーツでも使うという前提となると色々と勝手が違う。

センサーサイズが小さいm4/3機は選択肢に入れづらいし、ある程度の明るさで高性能なレンズも要る。


検討開始。


ソニーのα6500? いやあ、どうだろう。

私は以前何度か真剣に購入を検討してソニーのミラーレスを触ったことがあるが

グリップやインターフェイスの「しっくりこない」度合がすごかった。

完全に私見だし好みの話なので、良い悪いという話ではない。

私の手に馴染まなかった、というそれだけだ。


しかし、主眼はスポーツ撮影である。

スナップと違って、何時間もカメラを握りっぱなしということもざらなのだ。

手に馴染まない、では困る。


それなら、X100Fの画が大好きなので、フジのミラーレスで良いんじゃないか?

と自分の中で何かが囁いた。ゴーストかも知れない。


そういえばX-T20とかフラッグシップと同じセンサーなのに安いんだよなー。

X100Fと同じ画が出るだろうし、レンズ換えられる楽しさもあるしありかもなー。


だのに、数日後私の手元にはX-H1が来ていた。

いや、キャッシュバックキャンペーンやってましたし。



真剣な話としては、実は当時、私はニコンからついに出る

フルサイズミラーレス「Z7」の予約をしていた。


センサー的には恐らくD850と同じだろう。

何が違うか、ボディ内手振れ補正が付いている。

いる? いや、別に。


とは言いつつも、あることでどう違うのか興味があった。

実際D850でも本気でしっかり撮れば、手振れはめったにしない。

ただ105mm f1.4みたいなレンズを使ってポートレートを撮る時は

毎回失敗しないか冷や冷やしている。


気軽にサクッと撮っても全く手振れしないのなら、それって結構魅力的かも?

300mm f2.8みたいなレンズだと、レンズに手振れ補正が付いているとはいえ

条件次第でけっこうブレやすい。それも緩和されるかも?


ただ、結局、ボディ内手振れ補正のある機種を使ったことない自分にとっては

すべて机上の空論なのだ。


使ってみよう、Z7出る前に。



ということでのX-H1だった。


で、結論から言いますと、、、、スポーツで全く使い物にならない!

いわゆる70-200f2.8に該当する、 XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRまで買ったのに!!


APS-CだからISO上げるとノイズが、とか

そもそもレンズの解像力がそこまで高く無くない?とか

( NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRと比較しての私見です)


色々あるんですが、一番はEVF。

当然、背面液晶ではなくファインダー覗いて撮るわけですが

薄暗い中で左右に振るスポーツだと、EVFのコマ落ちがすごいストレス。


常にコンマ何秒遅れて表示されてるのを実感しながら撮るので

目が疲れる、そして頭が痛くなってくる。

そして明度差のある所に振った時に、ファインダー内で明度調整して

ちょうど見やすい感じに変えてくるのがすごく鬱陶しい。

手振れ補正なんて、スポーツだとほぼ意味無いです。被写体ブレの方が深刻なので。


某メーカーのミラーレスフラッグシップ機なんて

「スポーツでも使える」とか「一眼レフを超えた」とか言ってますけどね

プロのスポーツカメラマンがこういう機材を使うわけないです。


またX-H1に関してはバッテリー持ちも悪かったです。

グリップも買ってバッテリー3個内蔵で挑んだんですが、普段の2/3くらい撮影した時点で

バッテリーは残り僅かでした。

D5なら1個フル充電してくれば、この倍撮ってもまだ半分はゆうに残っている。

比べるのがおかしいと言われればそれまでだが、あくまで基準は

「私の使い方」なので仕方ない。



で、思ったわけです。


「ミラーレスは、スポーツ撮影では、例えサブであったとしても使えない」


少なくともEVFが今より格段に進化しないと。


ということでZ7の予約もキャンセル!(一応スポーツ時のサブでも使いたかった)


※ ただし、この後ニコンのファンミーティングでZ7のファインダーが

かなり良くて、ミラーレスの最新最高クラスはここまで進化してるんだなーと驚いた。



ちなみによく言われる「ミラーレスは小型・軽量」理論ですが

X-H1はAPS-Cミラーレスでは最大クラス、フルサイズの小型機よりデカいだけあって

全然その恩恵は感じませんでした。


そもそも望遠の明るいレンズは物理的に小さく作れないので

結局スポーツで使うなら、カメラが小さくてもバランス悪くなるだけなんで。

XF50-140 / Nikkor70-200mm f2.8/E FL

APS-C専用設計のレンズでも50-140はこのサイズで重さもそれなり。



さて、そんなわけでもはやスポーツに持っていくことは二度とないであろう

哀れなX-H1なんですが、いざそう割り切ってみると、意外と良いんですよね。


50-140mmはスポーツ用途に選んだレンズだったので

とりあえず日常使いや屋内使用前提で、広角もあった方が面白そう

ということでXF14mmF2.8 Rも買ってたんですが、これがまたいい感じ。


換算21mmなのでかなり広角なんですが、歪みまくるわけでもなく

グイっと寄って撮れるので、屋外でも屋内でも普段と違った視点で楽しめます。


X-H1 + XF14mmF2.8 R

X-H1は3軸チルト液晶なのでローアングル・ハイアングル、そして縦ローと

色んなアングルでも撮りやすくて楽しいです。


X100Fで十分体感してましたが、高感度でなければ画質も十分ですし。


というわけで、50-140を下取りに出して、マクロか中望遠の明るいレンズでも買い足すと

けっこう幅広く楽しめる気もしますが、これ以上このシステムにお金をかけるかどうか

そこは悩みどころですね。



長々と書いた割に結論はこんな感じですが

決してX-H1をダメな子だとか、ミラーレスは使えないとか言ってる話では無いです。


スポーツ撮影ってカメラの中でも特殊な用途なんだなーと改めて実感しました。

そして、ミラーレスの進化はすごいけど、そのベクトルとしては

今の時点ではスポーツでバリバリ使える、とは言えないのは事実です。


ミラーレスの利点もいくつかあるのは事実で

それが用途にマッチしている人なら、きっと恩恵にあずかって

ミラーレス最高!ってなるはずなので、自分の用途をよく考えて機材を選びましょう。


ってな話でした。

© Giro