top of page
  • 執筆者の写真Giro

ご支援感謝と現状報告と重ねてのお願い


まだだよ、という方は是非先に読んで頂ければ助かります。


・御礼


ありがたいことに、数名の方から早速のご支援を頂いて深く感謝しております。


しかも、そのご支援くださった方々というのが ・私が小学生の頃からの知人(兄の友人)

・ドールが繋いでくれたご縁の方々 ・ボードゲームが繋いでくれたご縁の方々 ・仕事で以前に撮影させて頂いた方

などなど。


まるで自分の人生の集大成のような、そんな気持ちです。

マンガなら最終巻で、昔のライバルや途中離脱したかに思ったキャラが 急に復帰して仲間として最後の戦いに挑む、みたいな熱い展開です。


別に今回の旅が、私の人生の最終巻というわけではない(はず)ですが それでも、今まで積み重ねてきた人生で、残せていたものが可視化されたというか これがあったから今がある、を深く実感し、改めてご縁を頂き そして今回こうしてご支援して下さった皆さんに深く感謝しております。



・現状報告


さて、ここから現状報告に移ります。


現状、既に航空チケットや空港からの移動、宿(件の友人が運営しているゲストハウス的な宿)等の確保、話は済んでおります。


10/8の早朝に家を出て、羽田空港へ、羽田空港からインド・デリーの インディラ・ガンディー(デリー)国際空港に着くのが同日現地時間の16:35 インドと日本の時差は3時間半なので日本での夜20時ごろに到着。 羽田からはおよそ9時間のフライトとなります。


そこからは車で7時間ほどかけて移動しリシケシ(リシケシュ)に向かい そこが今回の拠点となります。


ネット事情と体調・体力など諸々と予測できないのでどうなるかは分かりませんが 状況を見ながらtwitter(X)などでその都度投稿していければと思います。


旅の準備の方も着実に進んでいます。


といっても、旅慣れているというほどではなくとも 海外旅が初めて、というわけでもないのでシンプルにまとまっています。


特に今回はホテル旅ではなく、ゲストハウス的な場所なので 洗濯機もあればキッチンもあるとのこと。


長旅だと着替えの管理が大変なので、洗濯機があれば2~3日分を着まわしてもいいですし どうとでもなるかなと。

私にとってはむしろ、電源管理の方が大事で カメラ関連、PC関連の電源の為にコンセントの変換プラグを購入しました。



昔は変換プラグって、ただ単にコンセントの穴の形を変えるだけの印象だったんですが 最近はコンセントの増設も兼ねればUSB給電ポートも付いているものがあり便利ですね。



それから、何点か現地から注意が来まして、一番は ・食事


インド旅行といえば、という心配事の1つですね。

どうしても合わない、気を付けていてもお腹を壊す場合がある、と。


幸い、ゲストハウスには飲用のための浄水機があるとのことですが 出先やレストランでの飲食もあるでしょうから、注意しておくに越したことは無いです。


で、どうするかというと、非常食的に日本からインスタント食品を持って行くのが吉。

トランクの隙間にねじ込めるものでいいので幾つか持って行くといざという時に安心。


ちなみに私は海外でお腹を壊した経験はタイだけなんですが それでも食事がちょっと合わなくて食欲が落ちるケースは何度かありました。

特に疲れがたまってくると、それだけで食欲が落ちるので そういう時に、食べなれた日本の味があるとほっと一息付けます。


ということでインスタントの味噌汁やカフェオレのスティックなど 日本でも普通に飲んでいるものを、トランクの隙間に放り込む程度に用意。


さらに

・デング熱が流行の気配

という情報も。


デング熱は蚊が媒介するデングウィルス(そのまんま)によって起きる病気で 高熱が出たり頭痛や筋肉痛、関節痛といった症状が出るもの。


同じく蚊が媒介する病気で有名なマラリアの場合は予防薬などがあるんですが デング熱はそれが無いので、防衛策としては「蚊に刺されない」 これに尽きます。


ということで虫対策も用意。


肌に使ういわゆる虫除けスプレーを二種類(メーカー、成分違い)と 部屋に使う用の長時間効果のある殺虫剤。


不思議なもので、海外でこっちの虫除けは良く効いた、こっちは効かない、みたいなことが たまにあるので2種類持って行きます。 外に出る時はこういうものを使い、部屋にいる日は部屋用を散布しておけばいいかなと。 部屋用は特になくても良さそうなんですが 夜に虫が出ると気になって眠れない場合もあるので念のため。





そして、件のアクションカメラですが 現状、ほぼ選定は終わり、後はもうぽちっと押すだけ、という状態です。


というかこの数日毎日、もう買おう、早めに買って使い慣れておこう と思いつつ、あと一歩踏ん切りがつかないところで止まっています。


前回の記事でも書いたように メインの撮影は自分の普段の撮影機材から数点を持って行くわけですが 移動中などにも気兼ねなく使えるアクションカメラがあれば 旅の道中、撮影に至るまでの流れなども記録出来て 旅の成果を残すにあたっては、より深みがでるのでは、と購入を検討してきました。


超安物とかならお財布的にはありがたいんですが ハッキリ言って画質が酷い、画面揺れが酷い、音声が酷い、そんなものは 誰も見たくないです。自分でも見返したくないです。


なのでそれなりにちゃんとしたものを選んでいます。 カメラ本体に、どれくらいの頻度で充電できるか分からないので予備バッテリーセットなど 移動しながら撮る前提だとどういったオプションパーツ(アクセサリー)が良いか などなど、考えていって、結局総額で10万円行くかどうかといったところ。


みなさんからのご支援を後押しに、ちょっと絶望的だったところから これはもう買っちゃおうかな!というところまでは来ています。

本当にありがとうございます。


ですが、いつも付けている帳簿(個人事業主なので)を見つつ でもこれ旅が終わって諸々の清算をするタイミングで本当に大丈夫? ギリギリセーフかギリギリアウトか…という恐ろしいところではあります。


常に綱渡りのようなフリーでの活動の中で 今回の大きな決断を行うにあたり、現状で不安がないと言えば嘘になる 正直に言って、そういう状況です。



・改めてのお願い

そんなわけで既にご支援くださった皆様には感謝しつつ もし興味持ってもらえて迷っている御方がおられれば、どうぞよろしくお願いします。


今更機材購入を断念する気はないですが ギリギリで常に予算の事を頭に考えて旅先で動くことになるのか 旅の最中にどれだけの費用がかさむのか読みづらい面も多く 予算の関係で途中で断念してしまうこともあるかもしれません。 また、帰国後には即金策に走り回る事になるのか そんな危ういところにいるのが現状です。


どうか旅の応援、より良い旅の成果のために ご支援頂ける方を心よりお待ちしております。



なお、リターンについては前回の記事でも触れたように いわゆるクラウドファンディングのように、何円出資でこのリターン、とプラン分けはしていません。

ご相談いただければできるだけご希望に沿える形でのリターンを考えています。 (リターンを希望されない方もおられますが、全てのご支援者様に、支援者様限定での写真や動画等で旅の報告は考えております)


いよいよ日程も迫ってまいりましたが、9月後半は色々と仕事など詰まっていますので 10月に入ると準備に忙殺される可能性がありますので、誠に勝手ながら ご支援いただける場合は、できれば直前になる前によろしくお願いいたします。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page